其の七:とにかく足払い

  • 2021-04-25
  • 2022-02-01
  • 未分類
  • 36View
  • 0件

こんにちは、今回は、具体的な立ち技のかけ方について書いていく。

前回、得意技について書いたが、実際に乱取りや試合をやってみると、得意技を決めることが難しいことに気づくはずだ。

まあ、当たり前であるが、ある程度決まった型の技をかけあっているのだから、当然といえば当然である。

そこで、どのように組み立てていくかの戦略を練る必要がある。

一番簡単なのが、とにかく足払いをかけていく戦法だ。

  • 組む前に足払い
  • 片手をつかむと同時に足払い
  • 踏み込んで足払い
  • 下がりながら足払い
  • 相手が踏み込んできたら足払い
  • 相手が下がったら足払い
  • 相手が動いたら足払い
  • いつでもどこでも足払い

どんな体勢からも足払いがかけられるようにしておくと、相手はより不安定に、より動けなくなっていく。

そしてチャンスを作ったら、スキをついて追い打ちをかけていく。

ちなみに「いつでも足払いができる状態=自分が常に安定している状態」である

右足、左足を全方向に使って、オールレンジで仕掛けまくってスキを作ろう。

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!